インセンス・アラビアンナイト

フランキンセンス キャンドル

フランキンセンス キャンドル
高さ:約9cm 幅:約8㎝
フランキンセンス キャンドル
制作風景

フランキンセンスのキャンドル

オマーン伝統の素焼きの器に入っています

❤フランキンセンス入りのキャンドル❤

手作りですのでお届けするものに若干の個体差がありますのでご了承くださいませ。

写真はイメージとしてご参考くださいませ。すべての作品にとても味わいがあります。

【器について】

このキャンドルの器はオマーンの陶芸家Salim bin Saif Al Sariri により制作されました。

オマーンの古都二ズワから少し離れた村に昔々父から子へと受け継がれた伝統技術

その独特の白い色と素朴さが特徴です。

出来上がるのに4週間の工程を経ています。

オマーン芸術の1つであります。

この器の風合いと模様はオマーンという国の雰囲気、情緒を感じさせてくれます。


ロウソクをご使用後も器を是非大事に使ってくださいませ(*^^*)


注)ロウソクの火がついている時は そばから離れないよう、火の元にお気をつけください。


*入荷時、配送元で梱包の際、ラベルが折れています。商品の品質について差し支えはありませんのでご了承くださいませ。


【フランキンセンスについて】

フランキンセンスの郷サラーラのフランキンセンス種は学名ボスウェリアといいます。

ボスウェリア属の樹木は、オマーンなどの南アラビア、ソマリアなどの東アフリカ、インドに自生しています。

 これらの樹皮に傷をつけると樹脂が分泌され、空気に触れて固化します。1-2週間かけて乳白色~橙色の涙滴状の塊となったものを採集します。

「乳香」の名は、その乳白色の色に由来しています。 古くからこの樹脂の塊を焚いて香とし、または香水などに使用する香料の原料として利用されています。

樹脂の性質は樹木の種類や産地によって大きく異なります。樹木は栽培して増やすことが困難で、これらの自生地の特産品となり、かつては同じ重さの金と取引されたこともあるのです。現在も良質とされるものの商業的な生産は主にオマーンで行なわれています。

香以外にも中医薬・漢方薬としても用いられ、鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急の緩和といった効能があるとされています。また、多く流通している南アラビア地域では、唾液分泌の促進やリラクゼーションのために乳香樹脂をガムのように噛むことがあります。

樹脂を燃やした香りにはリラックス効果が見られます。

歴史

フランキンセンスは紀元前40世紀にはエジプトの墳墓から埋葬品として発掘されているため、このころにはすでに焚いて香として利用されていたと推定されています。

古代エジプトでは神に捧げるための神聖な香として用いられていました。

神に捧げるための香という点は古代のユダヤ人たちにも受け継がれており、聖書にも神に捧げる香の調合にフランキンセンスの記述が見られます。

また、東方の三博士がイエス・キリストに捧げた3つの贈り物の中にフランキンセンスがあります。

日本にも10世紀には薫香の処方内への記述が現れるため、このころにシルクロードを通じて伝来したものと考えられています。

日本正教会を含む正教会では、古代から現代に至るまで、奉神礼で香炉で乳香を頻繁に焚いて用いる。振り香炉にもフランキンセンスが用いられます。

香水などへの使用が行なわれるようになったのは16世紀に入ってからであり、フランキンセンスを水蒸気蒸留した精油や溶剤抽出物であるアブソリュートがこの用途に用いられるようになりました。

フランキンセンスには

サラーラ4つの種類に分けられています


★フランキンセンス(乳香)(オリバナム)
 科名      カンラン科 ボスウエリア サクラ
 産地      オマーン



<作用>
心の沈静・体の細胞の成長促進・殺菌作用・消毒作用・抗炎作用・利尿作用・強壮作用・子宮強壮作用・炎症作用・去痰作用・収斂作用・鎮静作用・消化作用・粘膜に作用・呼吸器系に作用・保湿効果作用・皮脂バランス作用・シワ・吹き出物に作用・組織細胞再生作用・リラックス作用・駆風・強心・鎮痺・抗ウィルス・通経・免疫促進・抗真菌・鎮咳・皮膚軟化・デオドラント・癒傷作用

心への作用・・・鎮静、抗うつ、催淫作用

 

ほんのりと温かい炎の優しさとフランキンセンスの浄化作用に心が包まれていく体感をお楽しみ下さいませ♪


価格:3,240円
在庫あり
注文数:
| ホーム |
Copyright c 2005 インセンス・アラビアンナイト. all rights reserved.